スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張る仲間たちへ 社長より元気メール

4/23(日)
頑張る仲間たちへ

「毎日の繰り返される日常であっても大切にしていく」

ほっとできるひとときにいい器でお茶が飲めたら最高じゃない?
お茶は一日に何回も飲むしご飯も一日に三回食べる。
そして毎日毎日くり返す。
その一つ一つの時間を大切にしていけば
暮らしは豊かなものになっていくんじゃないかな。

日々があること、過ごせること、感謝です。
その感謝を感じることができる人になるのです。

今日も一日あること、過ごせること
皆で仕事ができることに感謝して
感謝を感じて頑張るぞ


4/24(月)
頑張る仲間たちへ

「経営者の命をかけること」
           松下幸之助

「経営というものは自分で汗を流し、自分で吸収して
そして自然に会得するもの」
と、人一倍働いていました。
経営とは考え、考え抜くことによって会得し
新たな行動のエネルギーを生み出してくるものです。
成功のコツをつかむまで絶対にやめない。やりきることです。
これが経営者の命をかけることだ、と教えられました。

土曜日に勉強会を開いた際にも言いました。
絶対に成功すつというものはない
準備し続けることが成功を生み出し絶対はない。
頑張れば報われる、良いものを作れば報われることはない
ギブ&テイクしてもらったらしてあげるのでなく
テイク&ギブしてあげるからしてもらえるのです。
頑張れば報いられれば
スポーツ選手は全てが金メダルを取れます。
金メダルを取れた選手は報われようと考える人でなく
報いろうとしている人だと思います。

自らしていく人になって、前に一歩出て頑張るぞ


4/25(火)
頑張る仲間たちへ

「良い錯覚」

脳が区別できないという性質について少し考えてみましょう。
脳が現実にとイメージの違いが分からないだけでなく
それが自分の言なのか他人のことなのか区別することができません。
目の前の人が梅干しを食べていると、それを見ているだけで
自分の口には何も入っていないのに勝手に唾液が出てきます。
これは文章を読んでいつ今あなたの口の中にも入って
酸っぱいのイメージしたあなたは
今まさに唾液が出ているのでないでしょうか?

また脳はそれが現在の事でもあるのか、過去のことであるのか
未来の事であるのかも判断できません。
世界のホンダの本多宗一郎氏は創業時に
「世界のホンダになる」と語った話は有名です。
それはふつうも感覚ではありません。
その当時の本多氏の脳は私なりに考えてみると
「できるか、できないか」を冷静に判断しているわけではないと思います。
未来のまだ実現していない事に対して
それが現在進行形に起きている現実であると
脳が錯覚した結果だったのだと私は考えています。

またソフトバンクの創業者である孫正義氏の逸話がおもしろい。
やはり創業時にアルバイト社員に対して
「将来豆腐を一丁二丁と数えるように
売上を一丁二丁と数えるようになる」と語ったそうです。
これも本多氏と同じように錯覚が起きたのでしょう。
彼らにとって未来の成功は未来の話でなく
今まさに脳の中で起こっている事なのです。
それが奇跡ともいえる大成功をもたらしたのです。

脳はスーパーコンピュータを何十台も何百台も繋ぎ合わせたものよりずっと優秀です。
その一方で非常に単純なところもあるものも事実です。
だとすればその性質を上手く利用しない手はありません。
その意味では「経験したことがないからできっこない」、なんてとんでもない間違い。
実際に経験しなくても「きっとできる」という良い錯覚ができれば
誰にでもやりたいことがやれるし
億万長者になれるし、成功できるのです。
所詮イメージなのですからどんどんプラスを繰り返してください。
上手く脳をだまして良い錯覚を起こさせるのです。

私も思い当たるところが多くあります。
大きなもの、ことを成し遂げてきたものを振り返ってみると
大きな事を言ってそのイメージの為に
準備、手段を打ってきたのです。
良く自分を振るい立たせる、ケツに火をつけると言いますが
言った事、描いた事を成さなければいけないことに
自然と置き換えていたのだと思います。
すごくこれを読んで頭がすっきり致しました。

今日も良いイメージで錯覚を起こして頑張るぞ


4/26(水)
頑張る仲間たちへ

「チャンス」

準備ができない人にはチャンスは見えません。
努力をし、準備をした人しか
チャンスを活かすことはできません。

チャンスの神は全ての人に平等にきているが
準備運動を確りとした人にしかチャンスの姿は見えない
見えないもので大きなチャンス、小さなチャンスを次に繋げられる人が
多くの人を幸せに、成功に導けるのです。

今日も一日準備を確りとして頑張るぞ


4/28(金)
頑張る仲間たちへ

おはようございます。
連休がスタートして参りました。
気分的に忙しいので、まだ実態感がありませんね。
昨日日銀が金融政策を引き続き行う
すなわちゼロ金利続行ということです。
だから事実上は消費は落ちているのだということです。
だからスーパーやコンビニが商品値下げをしています。
それは買い上げ点数を上げて回転率を上げて売り上げを作るということです。
消費者に余裕があれば高くとも美味しいもの、質の良いものを買うのです。
今の実体経済は消費に余裕がないと
サービス業、小売業が分析判断したということです。

先達ての新聞で日本電産の永守社長が
自分の資産は全て寄付して死ぬと書いてありました。
その理由は政府の使い方が適切でないくらいなら
自分で選んで寄付したほうが良い行いになると書いてありました。
同感で私もそう思っています。

「運が良い」
     日創研

どんなことがあっても運が良いという。

中古車販売店ガリバーの創業者が言っておられました。
何かあっても良かった良かったと思うことだと。
時間に遅れても安全につけて良かった良かったと言って
一息自分にゆとりを持たせるチャンスと言っておられるように
そう発信するときはピンチなんです。
だから切り替える必要があるのですね。
では逆の場合はなんと言えばよいのか。
これは宿題にしますので社長宛に返事ください。

今日も元気に頑張るぞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AVFグループ

Author:AVFグループ
安心を感じて頂ける安全な日本農業を 確りと次世代に繋げて参るスローフードファクトリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。