頑張る仲間たちへ 社長より元気メール

6/27(月)
「出会いは、必然 出会いは、宝物」

あなたには必要な人は、必要なときにあらわれるものです。
あなたの夢を助けてくれる人も必ずいるから大丈夫。

出会うときには、出会ってしまう、そういう出会いが誰にでも用意されているのです。

人は財産です、男も女も関係なく、3つの物を持って社会で戦うのです。
1つは 頭 頭脳 2つめはお金 3つめは人 人脈 この3つ。


6/28(火)
「夢は逃げない 逃げる自分」
                  浅野 邦子

希望 夢 は、人として持つべき 持ち続けるべきもの でもそれを達成するか
しないかは、向き合った人が決める。
多くの人は 自分で逃げている 諦めている。

逃げない自分 苦しいときでも向き合う自分 自分を信じる自分 
そしてどんな時でも 前向きに 一歩前に 素直な心で 踏み出してください。

隠す事無く 自分の気持ちを鮮明に 気持ちを楽に持って 
事に挑める環境を作るのが大切です。


6/29(水)
「欠点を補い合う」
           松下 幸之助

お互いの長所欠点をよく知りあい、そして欠点を補い合う。
そこから共同の仕事の発展が生まれる。

共有する事が 情報は我が都合ではなく すべてを出す事 表現できる人は
沢山の人の力を頂ける 応援をして頂け 成功へと歩める人です。
人は 都合が悪い事は 言わない 伝えない 隠す 嘘をつく とだんだん
悪い沼地にはまっていきます。
正直 素直な気持ちを持とうとする意欲 気持ちを持ち続けたいですね。



6/30(木)
「勉強もスポーツも大事だが、何より大事なのは”挨拶”」
                                 橋下徹

その通りです。
当たり前の事ができなくなっている。
できない自分に気が付いていてできない
だから絶対に一人で生きられないのですから
確りと人と関われる挨拶からスタートなのです。


7/2(土)
今日は新入社員の研修卒業式を港会館で行います。
BBQで暑い夏を乗り切る決起も同時にしましょう。

「偉い人間になるな、立派な人間になれ」

地位や名誉、お金ばかりに価値を置くのでなく
人様から尊敬を集める人格を目指す事が大切。

人は地位、立場、名誉、大儀、お金、資産、欲を追い求めます。
求めない人はいないでしょう。
でも、それに気づく人はいる。
それは虚しさを知った人、本当の心根を感じた人です。

すべてを本気、本心、本物で、
「事」、「人」になりましょう。
スポンサーサイト

頑張る仲間たちへ 社長より元気メール

6/18(土)
イチローの記録達成のインタビューみましたか?
やっぱりクールでしたね。
彼の目標地点はどこにあるのでしょうか?
ただ一つ いつもと違った発言は、お客が喜んでくれる姿に嬉しさを感じる
と言ったこと。大人になりましたね。と感じましたと同時に 引退を考えた言葉に感じました。


「人間性を磨くこと」
           青山学院大学 陸上部 原監督

学生を預かる身として責任を感じるのは、競技力を高める以上に、人として成長させてあげられるか?
極端なことを言えば、社会に出て役立つのは、早く走ることより、組織の中で生きるための人間性です。
人としてどうあるべきか?これはスポーツ選手やビジネスマンに限らず、誰でも人生のどの段階でも必要なことです。
ですから「裏切るな、責任を持ってやれ、嘘をつくな、約束は守れ」と
私は部員に口を酸っぱくして訴えています。
人間性を磨くことは、実は競技能力を高める上でも大切な要素です。

選手である前に 一人の人 社員である前に 一人の人 成長ですね。



6/19(日)
「失敗作」
     中川エッセーリスト

失敗はいくつか続いたら、それは経験豊富になった証拠です。
美味なる成功作品ができた時、すべては失敗作は、
「成功の為のたゆまぬ努力のステップ」だったことになるのです。



6/20(月)
「知は愛 愛は知」

「親が子となり子が親になり ここに初めて親子の愛情が起るのである。
親が子となるが故に子の一利一害は己の利害のように感じられ、子が親となるが
子が親となるが故に親の一喜一憂は己の一喜一憂の如く感じられるのである」

親が子を知り 子が親を知る。つまり互いが知り合うことから善は出発するのです。
社長は、社員さんを知り、社員さんは社長を知り お互いを思いやりながら愛を育んで行くのです。


6/21(火)

梅雨の雨に感謝と思いましょう。
天気予報は、当たりましたね。月後半から梅雨らしく雨が
多くなると言っておりましたが、その通り 梅雨らしい天候になってきました。
これは、当たり前の四季で これ以上を望んでしまった駄目
この時期に雨があり 夏に向けてダムの水位を上げてくれないと
夏が暑く 断水になり困ります。その為 感謝と思って梅雨の天候を受け入れてください。

「笑顔で表そう 意欲 感謝 協調」
                        宗次 徳二

前向きに取り組む気持ち 周りの人に感謝する気持ち 仲間と協力し合う気持ち
こうした気持ちを表すにはなんといっても輝く笑顔です。
まずは、笑顔になることから始めましょう。
笑顔には笑顔が返ってくるはずです。
笑顔は人生を明るく楽しく前向きにします。


6/22(水)
「引き寄せる」
           松下幸之助

誠実な熱意は 目に見えない力となって自然に周囲の人を引き付け
思わぬ加勢を引き付ける。

無心で素直に 熱意を持って進めば 必ず 見てくれている人は見ている
それが意思となって加勢してくれる気持ちに伝わる 自然と人を動かすのですね。



6/23(木)
「時間だけは平等」
             本田宗一郎  

時間だけは神様が平等に与えてくださった。
これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって
うまく利用した人がこの世の成功者なのだ。
長い目を見れば人生に無駄はない。身の回りにいくらでも転がっている幸福から、自分の
ものを選び出し、それを最高のものに高められることだね。

幸せがあるのにあると認めない自分がいる
当たり前に感動しないものは 幸せでないと見ている所が人はあります。
生きている 当たり前のある事 いられる事が 幸せであるのです。
この眼 見方は、大切ですね。
良い展開に持っていける 今あることに 感謝 小さな幸せを大切にしましょう。  


6/24(金)
昨日までクルーズ船飛鳥が来ておりました。
海外からの観光客が多く 爆買いが今までの主流だったのですが
その爆買いの質が変わった、リピーターが多くなり、買いあきが入り、
買うもののマーケットの単価は激減しており、
首都圏のデパートは売り上げ減を3-4カ月連続で起っている様子です。
すなわち、今があり続ける事はないと言う事 今満足していると
足元をすくわれると言うことです。


「脳幹が刺激される」
             石原 慎太郎

上達しようと努力、工夫することによって、脳幹が刺激され 感性が生まれてくる。

 

頑張る仲間たちへ 社長より元気メール

6/12(日)
「キライなことを」
     イチロー スズキ
キライなことをやれと言われてやれる能力は、後でかならず
生きてきます。

子供の好き嫌いで、よく親が食べないと大きくなれないよと言う
言葉を使いますが、それが良い例かな―
イヤナ事は弱点であり それを克服することは、たやすくはないので
しょうが 克服するとすごい原動力になるのですね。
報告 連絡 相談も そうですね。



6/13(月)
「小さな努力の積み重ね」

自分は人よりも5分多く仕事をしよう、人より5分早くに仕事を始めよう。
そうした小さな努力の積み重ねが、実は非常に大きい。

できる為の気持ちと焦りをなくす やった感 準備感のひとつですね。
準備運動をしていることは、ビクビクではなく ワクワクに変わるのです。



6/14(火)
     「人生」
          カーネル サンダース

何も問題が起こらない人生が、素晴らしい人生なわけがない。

人は成長のために人生のアップダウンがあり、大きな坂を下り
大きな坂を上った人のみがチャンスを成功につなげられる。
その下りの苦しい波が大きければ大きい程 上る波も大きな波に
なる権利が持てるのだ。
だから 苦しい下がりの波の時 その時期をチャンスととらえ
そこでどう生きているか ワクワクできる人になりたい。
その人こそ 一流と言うのではないですかと、私は思います。


6/15(水)
関東地方は、利根川水域の水の量がない為節水が
今日から始まるようです。
梅雨に入り 金沢でも犀川の水位か入梅時に8月の
水位しかないとの事で金沢も同様になる可能性があります。
我々は毎日井戸水を使い 当たり前のように仕事を
させて頂いておりますが、地震と同じで突然やってくる事を
意識して考える必要がありますね。

     「謙虚さ」
           稲盛 和夫

謙虚さを忘れ 自分の事のみを考えると 必ず失敗する。
心を高めて徳を磨いていかなければ永続した成功はない。


6/16(木)
今朝 メジャーリーグ イチローが 日米通算安打数 4257本
ピートローズの大リーグ記録を抜きました。
43-4才 只今現役選手 まだインタビューを聞いていないですが
彼にとっては、まだ通過点なので平気な顔で喜ばない雰囲気を
つくるのだと思います。
それは彼の逆メッセージで 大切な事はその裏に多くの打てな
かったミス 失敗があり それに正面から向き合い 克服してきた、
本当に見てほしいのは 諦めずに真正面から向き合えば
かならず、次の明るい希望が発見できると言う事だと思います。
三割打者は三本に一本打っている その逆に2本ミスしている
のです、そのミスを希望への挑戦と思い 打てない ミス 見逃し
の練習 ワクワクドキドキで楽しめる人である、だから 毎日同じ
ものを食べ同じ運動をする事ができるのだと思います。
必ず人は 良いとき 悪いときがあり 自分ばかりと思いますが
その苦しく沈む深さが深ければ深いほど 苦労が多ければ
多い程 良いときにくる幸せの波の大きさをとる権利が持てると信じて
今日のイチローの記録として伝えたいのだと思います。
悪いときをドキドキしながら楽しめる人になりましょう。

     「誠の道」
           伊興田 覚  101才
私の論語指導の先生です。  

倒れるまでは、歩み続けるものだと思えば、さほどの負担は感じません。
終わりの終わりまで己を磨き 誠の道を歩み続けたいと願っています。

私達に毎月毎月 今日が最後と言って論語を語ってくれます。
たまには、医者に逆らってすぐに入院しないといけないのに、今日の論語を
教えてからと言って 黙って教壇に酸素ボンベを持って指導してくれます。
私にとっては、魂の指導 死ぬまぎわまで私達に背中を見せ付けてくれる
先生です。

頑張る仲間たちへ 社長より元気メール

6/5(日)
「問題解決の習慣」

大きな「目標」ばかり考えるのをやめ
目の前の「できること」から始めること。
それが問題解決の上手な人が共通して行っている習慣である。

木を見て森を見ずも十分に大切です。
ただ時と場合には全力疾走で夢中になって走る事も大切で
夢中ばかりで視野を失わないようにする事も逆に注意。
いつも言う手品の右手と左手のバランスですね。


6/6(月)
「日々の細かい作業を積み重ねて行こう」
                      松山英樹 プロゴルファー

私たちは与えられている一日一日を大事にしながら
コツコツと努力を積み重ねる。
これこそが一流の王道である。
地道な努力ほど頼れるものはない。
反復作業を粘り強くできる人間だけが
一流の仲間入りができる。
確かに反復練習はつらい。
細かいことの積み重ねこそ
偉大な仕事を成し遂げる唯一の道。
スポーツだけでなく、ビジネスの世界でも
コツコツと目の前の単純作業を積み重ねて
身体に名人芸を染み込ませた者だけが
成功できるようになっている。


6/7(火)
「三智」
  島崎藤村

人の世には、三智がある。
学んで得る智 
人と交わして得る智
自らの体験によって得る智がそれである。

どれが得意でなく3つのバランスを持って
3つを使って学ぶことが大切です。
それはどれもが大切だからです。


6/8(水)
「不幸はそこからスタートする」
              ピアニスト フジコ

自分を不幸と感じたときから不幸になる。
不幸 幸福は、自分の気持ち次第で
辛くとも苦しくとも
不幸と思わなければ不幸ではないのですね。

自分の気持ち次第だということですね。


6/9(木)
「成功するまでやる」

成功するまでやる。
成功するまでその志を変えない。
極めて簡単なことだけれど、往々にしてそれができない。

うつむいていても、人にすがっても、何も生まれない。
大切なのは自分が前を見て、前に向かって、強く歩く意思を持って
自分に託す事、自分を信じて一歩前に出る事です。
答えはいつも自分が持っていて
自分が判断する、決めれるのです。
それができる人になる為に人は成長しているのです。

6/10(金)
「心の汗をかく」
   松下幸之助

知識や経験から、すぐに考えて、勝手に結論を出して人の話を聞くことが多い。
初めから結論ありでは、何事も何事も間違ってしまうものです。
素直に相手の悩みを聞く心構え「心の汗をかく」ことが、人の上に立つ人に一番求められる
ものです。
幸之助は、いつも心に一杯汗をかいて仕事をしていました。
素直に聞くことが大切です。

心配りの配達人になるのが経営者の仕事です、常に心配りを忘れず汗かけるように
成ったらその道を歩めるのですね。


6/11(土)
「天が助けてくれる」 
         京セラ 稲盛和夫
私の心を捨てて、世のため、人のために良かれと思って行う行為は
誰も妨げる事ができず、逆に天が助けてくれる。

違うかもしれませんが、捨てる神あれば拾う神ありで
諦めがつくとまた新しい景色が見えて
前向きになれる事がよくあります。
自分では制御できない事はたくさんありますが
欲 正義 我を捨てて、素直な心で本心でやっていれば
神様、天は見捨てませんよ。

苦しいときだけ神棚 神社 仏壇に手を合わせるのでなく
日々に感謝と健康と守って抱くお願いしている事です。
プロフィール

AVFグループ

Author:AVFグループ
安心を感じて頂ける安全な日本農業を 確りと次世代に繋げて参るスローフードファクトリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR