頑張る仲間たちへ 社長より元気メール

3/28(月)
「本番」
   教育者 東井義雄

今が本番、今日が本番、今年こそが本番。
明日が有る、明後日があると思っているうちに何もありはしない。
肝心な今さえないのだから。

常に緊張感を持って事に望まないと
取り返せると思う事が間違いです。
一度しかない、今できる事を精一杯やり抜く
この気持ちで先を見ていないと。


3/29(火)
「顔」
  ココ・シャネル

20歳の顔は自然の贈り物
50歳の顔はあなたの功績

人は、苦労が多ければ多い程しわが増え、髪の毛が白くなる
それだけ懸命に生きている証なのですね。
歳をとる事は、生きている事
良い歳の取り方をしたいですね。


3/30(水)
「順調ならばさらによし」
          松下幸之助

苦難が来ればそれも良い
順調ならばさらによし
という心づもりを常に持ち
人一倍の働きを積み重ねてゆく事が大切だと思う。


3/31(木)
「最高の人とは」

最高の人とは、この世に生まれて
精一杯、力いっぱい、命いっぱい生きた人

人は人の力を借りて貸し合って日々を精一杯生きています。
絶対に自分一人では生きられません。何もできません。
助け、協力を頂いている事に感謝して
期待に応えたいと精一杯生きましょう。


4/1(金)
今年は企業設立20期を迎える事になりました。
新しい新入社員も迎え、新たなる道を創り始めるときでもあります。

論語の聖覧に
10年にして小変する。
20年にして急変する。
30年にして大変する。
という言葉があります。
今年は20年急変する。
この意味は、悪くなるという意味でなく
皆さんがご存知の伊勢神宮の建て替え工事を
20年に一度起こす事と同じ意味で
意味、価値、存在を時代の変化と共に見直し
改めるときだという事です。

成長、良くする為には、本業にこだわるな、本業から離れるな。という意味で
時代の激変を良く見て対策を練る事、知恵を出す事、工夫する事
今までのままでは駄目だと言う事です。

「物売りではなく事売り」、「者づくりではなく事作り」に、
あるべき姿に挑戦に挑戦していかなければなりません。


4/2(土)
今年の言葉は、「準備」です。
常に一歩前に挑むには、その前の準備が必要で
準備なしに話を聞いてから対応では成果は出ない。
二宮金次郎さんの積小為大の中に水車話があります。
川の流れに従い、浮き上がると逆らった方向になる。
逆らうとはケンカする、反逆するでなく
対策を練る、知恵を出す、工夫するの意志を持って行動する事です。
相手の意見を聞ける段階づくりが大切です。
スポンサーサイト

頑張る仲間たちへ 社長より元気メール

3/20(日)
「挑む」と「準備」

今年のテーマの文字は「準備」です。
挑む事を成功させるためには、確りとした準備が大切です。
準備で挑む事が成功するか決まります。
すべてに準備、備えが大切で
考えて行動している人のみが成功します。


3/21(月)
「心を動かす」
     サンフレッチェ広島 森保監督

人を活かす仕事をしており、選手一人一人を配置の駒として有効に生かし
勝ち、スキルを上げ、成長させる為には
心を動かす事が一番大切です。
心が動けば体が動き、心が動けば行動という結果が出る。


3/23(水)
「100の火より1の火」
          二宮尊徳

人は絶望に追い込まれると、今まで燃えていた心のたいまつが
どんどん消えていくときがあります。
けれど最後のチャンス1の火を消さない事が
また100の火になるのです。
1の火と0の火の差は大きく
100の火より強いのです。

成長と共に責任は重くなり
前に進む事、後退する事が困難で
苦しくなり絶望の淵に追い込まれます。
その時が成長のときです。
だから最後の1の火を消さずにいる事が大切です。


3/24(木)
「成長した自分」
       長友佑都

目に見える成功が出なくても
やった分だけ人は成長する。
夢が実現しなくても、努力した後には成長した自分が待っている。

成功とは完成品ではなく、相手に伝わる、
認められ喜ばれる事ではないかと私は思います。
それを結果で形で求めるのではなく
惜しみなく真剣に向き合い、汗をかき、涙を流し
努力した者のみが見える景色かもしれませんね。
それが成長ですよ。


3/25(金)
「試練の修養の場として考えられる人」
                    稲盛和夫

試練を絶好の成長の場の機会として補える事ができる人
更には、人生を高めるために与えられた期間であり
魂を磨くための修養の場であると考えられる人
そう言う人こそが限りある人生を、豊かで実りの多いものとし
周囲にも素晴らしい幸福をもたらす事ができるのです。


3/26(土)
今日4代目パナソニック社長 現在顧問の谷井さんのお話を聞きました。
ミスターVHFと世界に言われた
ビデオ規格統一をこの世に広めた社長です。

人は、一人でできる事は何もない
すべてが人と人の助け、協力を受けて生きている。
それを間違って一人でできている、できると
勘違いしている人がいる。
それは、絶対に間違いです。
素直な心に慣れると、強く正しく聡明に人は慣れる。
力を貸したくなる人になれる人が成功者、勝者になれます。

頑張る仲間たちへ 社長より元気メール

3/13(日)
「諦めなければ」

人間は、歳をとるほどできない理由を述べます。
しかし、最後の最後まで諦めなければいくつになっても夢は叶う。

歳をとると、諦めることに慣れていってしまう、
その意味から逆に思うと
体と思いとスピードがついていかなくなりますね。本音です。
だから見方を思い方、考え方、取り方を歳によって
ポジティブ、前向きに変換する事が大切です。
まだまだ成長しろ、努力しろと神様が言っていて、課題をくれているのだと
眠れない夜はそう思い、
明日また頑張ろうという流れに持っていくなど
一歩前にでる事の習慣が大切ですね。


3/14(月)
「プライドを持つ事と捨てられる人がプロ」

プロは誇り、プライドを持つ事が成長、勝ちへと繋がる。
プロの薬物、賭博等で世の中を騒がせていますが
これはそもそも自分の仕事に誇り、プライドを持たずに
仕事をしていたからなのです。
どの仕事のプロも常に高いプライドを持ち
高い意識の中で究極を極めると道であると同時に
プライドを捨てて挑戦、変化、チャレンジできる人です。
その線を超え人が一流だと言う事です。


3/15(火)
「信は力なり」
      元ラグビー日本代表 山口良冶
       (スクールウォーズ 泣き虫先生)

信じる人は救われと昔から言われます。
どんなに失敗して上手く行かなくとも、信じ、待ち、許せれば
必ず信は力となります。


3/16(水)
「Best Friend」
      kiroro 玉城博美

時には、急ぎすぎて、見失う事もあるよ、仕方ない
ずっと見守っているからって笑顔で
いつものように抱きしめた
あなたの笑顔に何度助けられただろう
ありがとう、ありがとう Best Friend


3/17(木)
「君たちが歩くとき」
       詩人 宮澤 章二

君たちが歩くとき君たちは一人でない。
隣にも前にも後ろにも、同じ道を行く仲間がいる
お互いに支えあう仲間がいる。

一人で寂しいと感じるのは間違いですね。
人は気にしていない、見ていない人や、
突然苦しいときに現れるものです。
私も35歳のとき体を壊して、それを味わいました。
だから捨てる神あれば拾う神ありに巡り合いました。
その人達に支えられて今があるので本当に感謝です。
その人達への恩返しを、今度は世の中にお返しする番だと思い
日々今できる事を精一杯やりきる努力をしています。


3/18(金)
経営者の一番の幸せ
       カレーハウス COCO壱番屋 創業者 宗次

「安心して経営を任せられる、いい後継者に恵まれることです」

作り上げた事業をどの様に残すか?大変なことです。
それを託す人ができる事がそれが良い仕事をした事の証でしょう。
私も企業設立、早いもので20年を迎えます。
振り返るといろいろありましたが、まだ自分を誉めるまでには至っていません。
残りやり抜ける事はやる挑み続ける意志を最後の最後まで走り切り
倒れた時が人生の終わり
確りと皆に背中を見せていきます。


3/19(土)
「すべてから謙虚に学びたい」
             松下幸之助

この世に存在するすべてのものには宇宙の摂理、自然の理法がひそみ
人間の尊い知恵と体験がいきづいている。
これから万物を師とし、謙虚に学びたい。
学ぶ心から新たな進歩がうまれてくる。

素直に事を見て素直に取り入れる。
人は色々な意見を言うが責任はとってくれない。
心の鏡が素直であれば素直に取り入れられる。

頑張る仲間たちへ 社長から元気メール

3/6(日)
「ツイている人」
      西田文朗

世の中には、「運勢改善」と称するものに夢中になり
大金をはたいて運勢を良くしようとする人もいるようですが
運勢改善は、さして難しい事ではありません。
また、お金もかかりません。

ただツイている人と付き合えばよいのです。
①プラス思考の人と付き合い
②能力の高い人と付き合う
③マイナス思考の人は避けよう。
④言い訳、愚痴、悪口を言う人は避けよう。
⑤責任を転嫁する人は避けよう。
⑥ツキのない人は絶対に避けよう。


3/7(月)
「今日やるべき事は、今日やる
今日できない事は、明日もできない」
                    松川篤裕

できる事は素早くやり抜く。
人には都合がよく「今度」「明日」と言う。
自分に都合の良い言葉で甘やかす人が多くいます。
そのくせを持った人は、成長、進歩、人を喜ばせる事はできません。
人を喜ばせる人は、些細な事、細かい事を日々繰り返して
信用を武器に人を喜ばせるのです。
やらなければいけない事は、今、今日なのです。
自分で言い訳を作らず、今やれる事は精一杯やり切る自分になりましょう。


3/8(火)
「ニコニコと楽しそうに仕事をする」
                 藤間秋男

ある講演会に参加している方で、アロマテラピーの仕事を始める事になった女性がいました。
初めてこの仕事をかる事になったと言うので、このようにお話をしました。
「技術は磨かなくていいから、ニコニコしていきましょう。
そうするとお客さんがやってきます」
一般的には、技術を磨くとお客様がくると言われていますが
技術があっても人柄が粗いと人はやってきません。
技術は標準でいいので、ニコニコと楽しそうに
幸せそうにやっているとお客さんがやってきます。

技術も大切ですが、一番大切な物は
人として人を気持ちよくなってほしいと心を込められる人、
心を持つ事ですね。


3/9(水)
「一生懸命であれば、愚痴を言う暇も、言い訳を言う暇もない」
一生懸命だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳が出る
                               武田信玄

一生懸命とは、命がけで事にあたる事です。
命がけでやれば、何が何でもやろうとするので
知恵を絞り、知恵が出るのです。
中途半端とは、態度などが徹底せず、どっちつかずである事です。
自分を棚上げして不満ばかり出てくるので愚痴しか出ません。
いい加減とは、仕事が最後までやり遂げずに途中で投げ出す様です。
仕事を中途半端で投げ出せば、弁解して責任転換したくなってしまいます。
そもそも、一生懸命であれば、中途半端になる暇もないし
いい加減になる暇も言い訳を言う暇もないです。
もし、愚痴や言い訳が出たら
一生懸命ではなくなったときである事を自覚するべきです。


3/10(木)
「成功するまでやる」
            松下幸之助

成功するまでやる。
成功するまでその志を変えない。
極めて極めて簡単な事だけれど
住々にしてそれができない。

諦めない事を思い続けてる、志を持ち続ける事
目先で折れない事が大切ですね。
「深い想い」理念と経営にカメラの北村社長の話が載っています。


3/11(金)
「幸せとは」
    小林 正観

幸せというのは向こうから勝手にやってくるものではありません。
すでに自分は山ほど取り囲んでいるものです。
それにどれほど気が付くか、というだけのことです。

東北の震災を見ても、我々の足元に感謝を感じられないとならないです。
今ある事が幸せなんです。
「生きているだけでまるもうけ」
二宮金次郎さんが言っていましたね。


3/12(土)
「to do good の前に」
          安岡 正篤

to do good を考える前に、to be goodを目指しなさい。
直訳すると
「何かをためしたい!と望むならば、どうやったら実現できるか
あれこれを考えるよりも。
徳のある人間になる事を目指すほうが最善近道である」

願望を実現するには、願望を夢見るのではなく
まず、願望に相応しい人物になることである。
プロフィール

AVFグループ

Author:AVFグループ
安心を感じて頂ける安全な日本農業を 確りと次世代に繋げて参るスローフードファクトリーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR